HOME > 院長ブログ > 食べても太らない油って??

院長ブログ

< 江ノ島神社に行ってきました!  |  一覧へ戻る  |  美肌、免疫UP。壊れたタンパク質を修復するHSPって?? >

食べても太らない油って??


カロリーのある三大栄養素のうち、

糖質の次に太るイメージが強いのは、脂質でしょう。

しかし、糖質同様すべてカットしてしまうのは危険です。

美容面では乾燥肌や髪の毛が傷みやすくなる

などの影響が出る可能性があります。


私達の体の細胞を取り巻く細胞膜を作っているのは脂質です。


体を作っているホルモンの材料でもあるので、

筋肉を作ったり体脂肪を燃やすなどのホルモンが

うまく働いてくれなくなります。


なので、カットすべき脂質と摂ったほうが良い脂質があるということです。


分解されたあとの脂肪酸について・・・

脂肪酸は食べ物によって、飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸に大別されます。

飽和脂肪酸は『脂』、不飽和脂肪酸は『油』です。


脂とは、常温で固まりになっているような肉の脂などのことです。

分子構造上の隙間がなく、飽和状態となっているために

そのような名前で呼ばれています。

その為、酸素が結合する場所がないため、

酸化しないのが特徴です。


また、不飽和脂肪酸には飽和脂肪酸にはない

二重結合というものが存在します。

この数によって、オメガ9、オメガ6、オメガ3といった分類がされています。


オメガ9は問題ないので置いといたとして、

オメガ3とオメガ6は体内で合成できません。

オメガ6は体内の炎症を増やし、オメガ3は炎症を抑える働きがあります。

つまり、痩せるために必要なのは、分解されるとオメガ3になる脂質です。


最近話題になっているオメガ3(α-リノレン酸)

亜麻仁油・エゴマ油・グリーンナッツ油・青魚・くるみ

積極的に摂るべき油。

抗炎症作用や血液をサラサラにする作用がある。



オメガ6(リノール酸)

大豆油・ひまわり油・グレープシード油・紅花油・コーン油

普段撮りすぎてしまう油。

揚げ物で使用すると、1食で1日の必要量をオーバーする。


油=太る訳ではありません。

良い油は積極的に摂りましょう!happy01

< 江ノ島神社に行ってきました!  |  一覧へ戻る  |  美肌、免疫UP。壊れたタンパク質を修復するHSPって?? >

このページのトップへ