HOME > 院長ブログ > アーカイブ > 2015年3月アーカイブ

院長ブログ 2015年3月アーカイブ

旬の食材は最高!


旬の食材は、美味しい上栄養価も高く、しかも経済的です。

本来の収穫時期に採れたものを食べるのは、

体調を整えるためにも大切なことです。


この時期、季節の変わりめという事と、

春風のおかげで、空気も汚れやすく

寒暖の差もあるので、体調不良になる方も少なくないのでは?


= さやえんどう =

さやえんどうは、えんどう豆を若いうちに採り、

さやのまま食べる緑黄色野菜です。


別名『絹さや』とも呼ばれています。

糖質の代謝を助け、疲労回復にも働くビタミンB1、

コラーゲンの生成を助けたり免疫を強化したりする

働きのあるビタミンCや、

血糖値・コレステロールをコントロールする作用のある

食物繊維が豊富に含まれています。


また、必須アミノ酸であるリジンも豊富です。

リジンは体の組織の修復を促し、

成長を助け肌の組織を整える働きがあります。


絹さやは、彩もキレイなので、

是非沢山取り入れたいものです!

低気圧が片頭痛を引き起こす!?


お天気によって体調を崩しやすいという人が

訴える症状として多いのが、片頭痛です。


低気圧が近づくと、一時的に外からの圧力に対して

体の内側の圧力の方が大きくなるので、

血管が拡張して周囲の神経を圧迫して

ズキンズキンというような強い痛みの片頭痛が起こることがあります。


偏頭痛が始まると、音やにおい光に敏感になり、

吐き気を伴うこともあります。


詳しいメカニズムは、まだ解明されていない部分がありますが、

有力視されているのが、『三叉神経』と『セロトニン説』です。


三叉神経は主に顔の感覚を司り、脳の中で最も大きな神経です。

脳から3つに分かれて顔面に分布するので、

三叉神経と呼ばれます。

①眼神経 ②上顎神経 ③下顎神経


何らかの原因で血管が拡張し、

三叉神経が刺激されると、

炎症をもたらす神経伝達物質が分泌され、

さらに拡張した血管自体が神経を圧迫することによって

頭痛が起こります。


低気圧が近づくと、一時的に外からの圧力に対して、

体の中からの圧力が大きくなるため、

血管が拡張して三叉神経を刺激し、

頭痛が起こります。


『午前中は晴れるけど、午後から低気圧が近づくため雨が降る』

という予報の時は、朝は元気でも午後から頭痛が起こる確率は高くなるので、

チョコレートやワインなど血管拡張作用のあるポリフェノールの摂取を控える

などの工夫が必要です。


対処法としては・・・

保冷剤や冷たいタオルなどでこめかみを冷やし、

血管を収縮させると良いでしょう。

騒音や光にも影響を及ぼされるので、

人ごみを避けサングラス等で、強い光を遮りましょう。



桜まんじゅう!・・・来週は卒業式!!


お花見に行ってきた!という

お客様に、桜饅頭を頂きました。heart04

DSC00279.JPG

お土産ですが、桜の塩漬けが入っていて

見た目も素敵ですし、

甘塩っぱくてとても美味しかったです。


子供達が幼い頃は、

毎年河津桜を見に行ったり、cherryblossom

上野動物園の豪快な桜を見に行ったりしていました。

もうあの頃のような日々は戻ってこないのでしょう。 weep



来週は、小学校の卒業式!

どのお母さんも、“号泣しちゃう!”宣言をしております。

きっと私もつられて号泣してしまうのでしょう!

何せ子供達や私が、14年間お世話になった学校ですから・・・。


こうやって、どのお母さんも子供達も

親離れ、子離れを余儀なくされるのでしょう。

(少々大げさですね)

寂しい反面、嬉しさも半分・・・。

皆んな偉いなァ~と感心する毎日です。


先日、チビ助が家庭科で作ってきてくれた作品があります。

DSC00282.JPG
ご覧のようにただのティッシュケースですが、

やんちゃな男の子なので、ピンクを選んだなんて・・・びっくりでした!

でも、私に・・・『お店で使って!』と作ってくれたものでした。

DSC00280.JPG

DSC00281.JPG
という文字入り!文字を入れた子は一人もいなかったそう。

友達や女子にも色々言われたんだろう?と思うと、

ありがとう!という気持ちで一杯です。


皆さんのお子様は、もっと立派なものを

作ってきてくださることと思いますが、

チビ助はこういう子ではないので、

本当にありがたい気持ちで一杯でした!happy01


もうすぐ卒業しますが、

中学へ入学しても素直な子でいてくださいね~!

女性は偏頭痛を起こしやすい!


女性の中には、生理前・中、不調になる方が多いですよね?


それはセロトニンの減少により、頭痛が誘発されるようです。


何らかのストレスが加わると、ストレスに対抗する為に、

身体はセロトニンを放出し、

他の神経伝達物質のドーパミンや

ノルアドレナリンの情報を制御し、

精神を安定させる働きを持っています。


さらにセロトニンには、血管収縮作用があるので、

ストレスが加わると血管が収縮しやすくなります。


しかし時間が経つと、放出されたセロトニンは代謝され、

血液中のセロトニン濃度が低下します。

すると今度は、血管が収縮した反動で、

急激に拡張するため、頭痛が起こるのです。


また、セロトニンは女性ホルモンの1つであるエストロゲンと大きく関わっており、

セロトニンとエストロゲンの量は比例関係にあります。



月経周期によって、エストロゲンの量は大きく変化しますが、

特に月経直前から月経中はエストロゲンが最も少なくなります。

つまりこの時期はセロトニンの分泌も少なくなるのです。



そのため、月経直前から終わるまでは、

血管が拡張しやすく、偏頭痛も起こりやすくなるのです。



月経前や月経中の不調は、

ホルモンの急激な変化に対応できなくなるために起こりますが、

セロトニンの分泌も低下するという影響もあります。

                    = 日本成人病予防協会監修 =

ぬるめのお風呂でぐっすりと・・・!


= 38~40℃のぬるめのお風呂 = 


ぬるめのお風呂に入ると、副交感神経の働きが高まります。

特に夜寝る前にぬるめのお風呂にゆったりと入ると、

身体全体がリラックスし、寝付きも良くなります。


又お気に入りの入浴剤を使うと、さらにリラぅクス効果を感じられます。

入浴剤は炭酸ガスが入った『炭酸ガス入浴剤』がオススメです。


炭酸ガス(二酸化炭素)には血行を拡張させ、血流量を増やす働きがあります。

その為温かい血液が全身を巡り、ぬるめのお湯でも身体の芯まで温まるのです。


さらに、熱いお湯には肌の角質にある水分を蒸発させやすくなり、

かゆみが出やすくなるため、アトピー性皮膚炎などの肌が敏感な方は、

ぬるめのお湯の方が良いでしょう!


1

« 2015年2月 | メインページ | アーカイブ | 2015年4月 »

このページのトップへ