HOME > 院長ブログ > アーカイブ > 2014年8月アーカイブ

院長ブログ 2014年8月アーカイブ

【糖質制限ダイエット 効果は高い、でも危険!】②


パート①では糖質制限ダイエットの仕組みと方法などについてお話しましたが

パート②では糖質制限の危険についてお話します。



『リバウンドの危険性が高くなってしまう糖質制限ダイエット』

短期間でなおかつ簡単に実践できて結果が出るダイエットなのですが

うまい話にはやはり裏があるんです。


もともと糖質制限ダイエットは

糖尿病患者の治療のために行われていたもので

毎食の糖質の量が計算されてたうえで治療されています。


しかし、糖質の量がしっかりと把握されないまま行ってしまうと

突然体重が落ちていきます。

ダイエットやってるのだから当然と思われますが

減ったものは脂肪じゃないんです!bearing



人間にとって炭水化物(糖質)は車のガソリンのようなもので、

ガソリンがない状態で身体を動かすとしたら

他のものをエネルギーに変えて動くしかありません。




そこで、使われるのが体に溜まった脂肪と「筋肉」です。



脂肪が落ちることは嬉しいことですが

筋肉が落ちることにより身体の基礎代謝が落ちます。

 

そうなった場合、食事を元に戻した時に今までは消費されていた
 

カロリーが余ってしまうので、結果として脂肪が増えます。weep


これがリバウンドする原因なのです。


そして運動しなくなれば筋肉も退化していき

衰えた筋肉は元に戻すのに

長い期間がかかります。



その結果・・・


筋力の低下

  ↓

基礎代謝の低下

  ↓

脂肪が燃焼されない

  ↓

身体が重く動きたくない

  ↓

リバウンド

 

 

というような負のスパイラルに陥ります。

もちろん人間に必要な栄養素である糖質を制限するわけですから

身体はどうにかしてその栄養を補給しようとします。


そうなるともっと食べ物から栄養をとれと脳から命令がいき

 

せっかく痩せたのにリバウンド・・・。


その時増えるのは

なくなった筋肉ではなく

脂肪だけです。



お医者さんの間でもおすすめできないダイエットだそうです。


長期的にみた場合だと持続するのが難しく

5年以上糖質制限を続けた人を調査したら20%死亡率が上がっていたそうです。
 


糖質を制限すると脂質やタンパク質を大量に取るようになります。

すると血管に悪玉コレステロールが溜まっていき血管がつまったり劣化していき

脳梗塞や心筋梗塞を起こす可能性が高まっていきます。

こういった重大な病気の原因にもつながりますので、

充分な注意が必要です。




大切なことは「制限する」のではなく「コントロールする」ことです。

無茶なダイエットには、手を出さないようご注意下さいね~!happy01

 


 

【糖質制限ダイエット 効果は高い、でも危険!】①


何かと話題な糖質制限ダイエット

糖質を多く含む食べ物を避けるだけという簡単なダイエットとあって

若年層から高齢者まで幅広い年齢の方が実践しています


このダイエットには大きく分けて2つの方法があるそうです。


1つ目は、

最初の2週間の糖質を1日に20gに抑えるという

かなりハードな方法

短期間で痩せられるのはもちろんですが

その分危険なリスクも・・・




2つ目は

1日の糖質量を半分の約130g以下に抑える

わりとソフトな方法

こちらは毎日の食事で糖質の量を減らすだけなので

結果は少しずつではあるもののリスクは低いです




糖質制限ダイエットのメリットを
いくつかあげると


・炭水化物以外ならお腹いっぱい食べられる
・カロリーを気にしなくて良い
・結果が数日で出て、どんどん体重が落ちる

・日本中で商品が売られており、どこでもいつでも実践できる
・無理な運動を必要としない


普段の食生活で糖質(炭水化物)を多くとっている人ほど
効果があらわれやすいのです



 

糖質制限ダイエットの基本は、食事中の主食を抜くこと。


血糖値が上昇すると、血糖値を下げるためにインシュリンというホルモンが分泌されます。

しかし、このインシュリンは別名「肥満ホルモン」とも呼ばれており、

余った糖分を中性脂肪に変えて蓄積させるという働きがあるんです。


このインシュリンの分泌を抑えるには、血糖値を上げないことが大事。



この時に食べてもらいたいのが

この2つの食物繊維



不溶性食物繊維

キノコ類や大豆製品などに多い



水溶性食物繊維

海藻類や穀物などに多い




不溶性は水分を吸収して便通をスムーズにし、

水溶性は糖質・脂質の吸収を遅らせる働きがあります。

どちらもダイエットには欠かせないものなので、

毎食に欠かさず食べるようにしましょう。



空腹時に運動すると体脂肪の消費が増える事は

御存知の方が多いかと思われますが

それは糖質の不足によるものです。

つまり、糖質制限中は通常の食事を摂っている場合の

空腹時と同じ効果が常に得られるという事になります。





糖質制限ダイエットはこう聞くと割と簡単だし即効性があるので

気軽にできるダイエットだと思われると思います。

しかし、安全かというとそうではないのです。

パート②ではこの糖質制限ダイエットの危険なリスクについてお話します。



                                       =スタッフブログより=





 


1

« 2014年7月 | メインページ | アーカイブ | 2014年9月 »

このページのトップへ