HOME > 院長ブログ > アーカイブ > 2014年7月アーカイブ

院長ブログ 2014年7月アーカイブ

貴船祭り(真鶴)に遭遇!


この週末、ちび助がサッカー合宿で留守していたので、

そのスキに、半日ツーリングへ行って来ました!sun


AM7:30に西湘パーキングで、

一年ぶりのツー友と待ち合わせ。


この辺はピーカンで、熱中症対策を万全に整え、

いざ箱根に登った途端に、濃霧に巻き込まれ、

前は見えない、霧でビショビショ、rain

ほんとに怖かった・・・。crying


なので、早めに熱海に降りて真鶴でランチ・・・。

と思いきや、貴船神社のお祭りと遭遇しました。


なんてラッキー!!

DSC00348.JPG

DSC00359.JPG

こんなふうにお神輿を乗せた船が、5隻ありました。

賑やかでとっても華やかでしたよ。

DSC00360.JPG
(只今沈没中!)

ただ残念な事に、そのうちの一隻は沈没してしまったようです。

なぜかというと、ドラム缶の取り付けをしていなかったそうですが、

作っている最中に、誰も気がつかなかったのでしょうか?・・・疑問です・・・。


沈没した件での、漁師さんたちの会話(やり取り)が

聞いててとても楽観主義者で楽しかったです。



そして、港付近はランチのお客様でどこも大忙しだったので、

私たちは帰りがてら、海岸線のお店でランチすることに・・・。


DSC00361.JPG
ウニの盛り合わせ! 1000円

コクと甘みがあって、これだけでお腹いっぱいに!

DSC00363.JPG
刺身の盛り合わせ定食、1500円

あさりのお味噌汁が3人前くらいあり、途中でギブ!

お刺身も、ひじきもとっても美味でした!

安くて新鮮で、ボリューミー!大満足です。heart04

DSC00365.JPG
カメラの扱いが分からず、

フィルム貼ったみたいになってしまいましたが、

目の前は180° 海~!


とっても癒された半日お散歩ツーでした! happy01

ワンピース32巻!


昨日のこと・・・。

猫ちゃんが大好きで、とてもおおらかで

元気一杯のステキなお客様から、

サッカー少年の我が家のチビ助にと、

12年前(チビが生まれた年)の

日韓ワールドカップ?の時の

記念のサッカーボールと soccer

ワンピース32巻を

貰い受けました。 heart04

DSC00343.JPG

DSC00344.JPG

丁度チビ助から、そろそろボールを買って欲しい!

と言われていたので、

チビも大喜びです!

心からありがとうございました!


そして、帰り際には当院のダイエットで

12kg減量し、とても若々しくステキな女性になられた方に

山形のとうもろこしと、枝豆を頂きました。 shine

とっても甘くて、生で頂いても美味しかった程新鮮でした。


DSC00346.JPG

家族みんなで頂きました。

美味しいものを頂いている時って、幸せですね。

ごちそうさまでした! heart02

冷やごはんでダイエット!?


ごはんは毎日の食生活の中で一度は食べていると思います。

ただダイエットされている方はごはんは炭水化物だからと

食べるのを避けているのではないでしょうか。


しかしひと工夫するだけで

太りやすいごはんがダイエットを助けてくれるものに変わるんです!



それがごはんを冷やす(さます)ことです!



ご飯は冷やすことでレジスタントスターチというでんぷんに変化します。


レジスタントスターチとは

「健康な人の小腸内で吸収されないデンプン及びデンプンの部分分解物」

の物を総称したものの名前で

最近の研究で分かってきたのが


消化・吸収されずに小腸を通り過ぎると考えられています。


温かいご飯の場合には小腸でしっかりと吸収されてしまうものが、


このレジスタントスターチは

体内に消化吸収されにくい性質をもっています。



そのためカロリーが抑えられるというのです。



これだけではなく

レジスタントスターチデンプンでありながら

食物繊維と同じような作用があり

大腸に達して腸内細菌によりほとんどが発酵されて

善玉菌が増えて便秘改善や腸内環境を整えることに役立ちます。

また血中コレステロールや血糖値の上昇を抑える


脂質代謝の改善に一役かってくれるのです!




しかし、「やせる」ために、寒い冬の季節などにごはんを

わざわざ冷やして食べるような方法はNGです。

暑い夏のような時期だから身体を冷やさずに行えるのです。

ただ冷やごはんを食べる=やせるわけではありません。

食べる量や食べ方にも注意しなければなりません。


何よりも体調を崩さない事が大切。

無理なダイエットはかえって痩せません!!



ご興味ある方は是非、試してみてくださいね! happy01


世間は悪い油だらけ!!


以前マーガリンがどれほどカラダに良くないかお伝えしましたが

私たちの周りはカラダに悪い油ばかりなんです。


まずスーパーやコンビニにもある「揚げ物」

外食をすれば今ではほとんどのお店でこの揚げ物を取り扱っていますよね。


しかし、この揚げ物に使われている油。

これこそが悪い油なのです。



飲食店で使われている油がどのようなものかご存知ですか??


油を新しいものに変えてから古くなって捨てるまでだいたい1週間から10日ほど。

(中には、毎日処分しているところもあるかもしれませんが・・・)


その間営業中は常に加熱され続けるので油は酸化し続けます。


酸化した油が体内に入ると、血中に過酸化脂質(老化の原因) が発生し、

動脈硬化、心筋梗塞、脳卒中、ガン

肌の劣化、アトピー性皮膚炎、シミ、ソバカスなど

万病の元になってしまいます。


時間が経ち空気に触れる回数が多いほど酸化が進みます。

それにファストフードやお菓子などに使われている揚げ油が、

業務用のマーガリンだと言う話もうかがうのでなるべく食べないことをオススメします。



そんな悪い油の悪影響からカラダを守ってくれるのがオメガ3油



オメガ3脂肪酸が含まれているのは、

イワシ・サバ・サンマ・アジなどの青魚から取れる魚油です。

そのほか、鮫肝油クリルオイル(オキアミ油)、

亜麻仁油などの植物油からも抽出されます。


オメガ3脂肪酸には、ホルモンバランスを整える働きがあるので、

加齢によるホルモンの減少を防いでくれるのです。


DHAは脳を構成する神経細胞の膜の中に存在しているのですが、

DHAが多くなればなるほど、膜がやわらかくなり

神経伝達物質の生産量が高まります。


その結果、脳内の情報伝達が活性化されて、

脳の老化が抑えられる
のです。


ですが、オメガ3脂肪酸の脂分は、

体内にアブラが蓄積されるのを逆に防いでくれるもの。

そのため、ダイエットにも有効なのです。


アレルギー反応を抑制する効果もあることがわかってきています。


このように、気を付ければ体にとって良い油もあるので、

お買い物するときには、ご家族の体のことを

考えながら、購入しましょう! happy01


1

« 2014年6月 | メインページ | アーカイブ | 2014年8月 »

このページのトップへ