HOME > 院長ブログ > アーカイブ > 2014年2月アーカイブ

院長ブログ 2014年2月アーカイブ

歯周病とたばこの関係!


今日は暖かく気持ちの良い日となりましたね。



さて昨日は、歯周病と肥満の関係性の

お話をさせて頂きましたが、

本日は、たばこや糖尿病の関係性のお話です。



喫煙は、糖尿病と並んで歯周病を悪化させる

2大リスク因子問言われています。

喫煙の習慣があると、歯周病が発症し

進行するリスクは2倍から9倍に高まることが知られています。



なので、喫煙をやめないと、歯周病の治療効果も

現れにくくなります。



そして、血糖値が高い状態が続くと、

タンパク質と糖が結合した物質が増え、

その影響でしにくの炎症も悪化しやすくなります。



また、歯周病菌が血中で作り出すTNF-αという物質は、

血中の糖濃度を制御するインスリンを働きを

阻害することも分かってきました。



このことからも分かるように、

なるべく禁煙を心がけ、

塩分・糖分の摂りすぎにも注意する

必要がありますね。


どうぞ皆様も、健康延命を心がけ、

楽しく幸せな人生を送りましょう!happy01

歯周病を放っておくと・・・?


近年、歯周病から全身へ及ぼす影響が示唆されてきました。

その辺りをお伝えしたいと思います。


歯周病の特徴は、虫歯と違って、

知らないうちに進行し、

自覚しにくい病気です。


かなり進行してから出る症状として、

歯ぐきから膿が出たり、

激しく傷んだり、

歯がグラグラ
になったりしますが、

その時は、すでに重症な状態です。


近年、歯周病の原因菌が気道や血液を介して

肺や全身へ廻り、心臓病や動脈硬化、

肺炎などの発症や糖尿病
のコントロールへの悪影響、

そして、早産や低体重児出産などの一因と

なっていることが分かってきました。sad

歯周病は口の中だけの病気ではなく、

全身の健康と大いにかかわる病気でもあります。


面白い?ことに、肥満との関係もあることも分かってきました。



近年の調査で、

BMI・体脂肪率・ウエストヒップ比率の値が大きいほど、

歯周ポケットが深い人の割合が多い!という

驚きの結果が出たそうです。



歯周病を予防する為には、

約3ヶ月に1回は、歯科クリニックなどで

古くなった歯垢を除去することで、

早期発見、早期治療にもつながり、

全身の健康管理のためにも、

とても重要なことなのです。


嫌がらずに、歯医者さんへ出かけましょう!





本日の営業は16:30とさせて頂きます。


本当にすごい雪でしたね。

今日は、朝から道路がものすごい渋滞だとか・・・。


大和からいらしたお客様が、

3時間かけていらしてくださいました。

帰りは、何とか2時間で帰りたい!と

おっしゃつておりましたが・・・。


あまり無理はして欲しくないので、

本日16:30でお店を閉めることに致しました。


誠に勝手ながら申し訳ありませんが、

ご了承願います。


明日からは、通常の営業とさせて頂きますので、

宜しくお願い致します。


何やらニュースでは、

水・木と雪マークがあるようですが・・・。


もう、雪はたくさんですね!coldsweats01

本日大雪のため、休業致します。


こんにちは。

先週に引き続き、

又積もってしまいましたね。


本日、営業する予定で海老名へ向かいましたが、

綾瀬市役所前にて、

立ち往生してしまいました。


スコップも持たずに出てきてしまったので、

傘で雪をつついていると、

通行人の方が3名と

2台の車も止ってくださり、

なんと牽引ロープで助けてくださいました。


『お礼をしたいので、連絡先を・・・』と伺うと、

『こんな時はお互い様なので・・・』

と、皆さん私が出発するまで、

見守ってくださいました。


とても、貴重な体験をさせて頂きました。

人は本当に一人では何も出来ない!

皆さんに支えられているのだ。

と、幸せな気持ちで一杯です。


ということで、

本日は、大変危険な状態なので、

休業とさせて頂きます。


宜しくお願い致します。

本日大雪のため、14:00までの営業です。


こんにちは。

本日はニュースの通り、

13年振りの大雪警報に見舞われましたね。


中央高速や、首都圏の道路、

新東名などで通行止めや、

交通機関にもかなりの影響があります。


お店にいても、前の道路はいつもなら

賑やかしいのですが、

時々しか車も通らない状況です。


ということで、本日は・・・

誠に勝手ながら、

14:00までの営業とさせて頂きます。

宜しくお願い致します!

医療費控除の対象は?


こんにちは!

そろそろ、確定申告のシーズンですね。

今日は、医療費控除の対象となるもの。

そして、ならないものをご紹介させて頂きます。


医療費控除の対象となるものは以下の通りです。


○ 治療費、入院費用
○ 治療、療養の為の医薬品の購入費
○ 治療のためのあんま・マッサージ・指圧師・はり・灸師・
  柔道整復師・などによる施術費

○ 助産師による分娩の介助費
○ 介護保険を使った居宅サービス自己負担額
○ 義手・義足・松葉杖・義歯などの購入費
○ 子供の歯科矯正治療費
○ 通院時の交通費
○ 医師の往復時の送迎代
○ 6ヶ月以上寝たきりの人のおむつ代(医師のおむつ使用証明書必要)
○ 海外でかかった治療費、入院費   など


逆に医療費控除の対象とならないものは以下の通りです。

○ 美容整形費用
○ 健康増進や疾病予防のための医薬品の購入費
○ 人間ドックなどの健康診断のための費用
○ 予防注射代
○ 自分の意思で入った個室などの差額ベット代
○ 入院時のテレビ・冷蔵庫などの賃貸料
○ 親族に支払う療養上の世話代
○ メガネや補聴器などの購入費
○ 急を要しない通院時のタクシー代
○ 医師や看護師への謝礼
○ 大人の歯科矯正治療費  など


どうぞ、参考になさって下さいね!





タバコは肺がんのリスク4.5倍!


昨日の日曜日、

健康管理士受験対策講座に」

参加させて頂き、

生活習慣病の勉強をして来ました。



現代人は、ストレスも多く、

食べ物も飽和状態なので、

病気になる人があとを絶たない状況です。



医療費にも大きな負担となり、

特にタバコを吸っている方の

肺がんになるリスクは

吸わない方の4.5倍もあるそうです。



では肺がんになると、

一人月に15万円程の負担が

本人にかかるそうですが、

10年間で約500万円の

治療費がかかるそうです。



個人の負担はおよそ150万ですが、

国は残りのおよそ350万円を

負担することになるそうです。sad



よって、吸わない方々も

一緒にまかなっている状況

なのだそうです。



ところがアメリカでは、

この治療費約500万円は、

自腹で支払うことになっているようです。



国からの援助は無いそうです。

自分の身体は自分で守ろう!

ということなのでしょうね。



改めて色々な勉強をしてみると、

病気にはなりたくないものです。



食育と生活習慣って大切だなぁと、

つくづく痛感いたしました。



そして、生活習慣病にならない、させない為にも、

私たちは、訴え続けていく努力を

惜しんではいけない!と、

元気を頂いて参りました!


最後まで読んで頂きありがとうございます。happy01




1

« 2014年1月 | メインページ | アーカイブ | 2014年3月 »

このページのトップへ