HOME > 院長ブログ > 『無糖』と『砂糖無添加』って?どういう意味?

院長ブログ

『無糖』と『砂糖無添加』って?どういう意味?

『無糖』と『砂糖無添加』って、同じ事?

と、思ってしまいますが、栄養成分表示としては

このような意味を表します。

 

● 無糖

『無糖』は厚生労働省が定めた栄養表示基準で

その食品100g当たりの糖分含有量が0.5g未満の場合。

● 砂糖無添加

『砂糖無添加』や『砂糖不使用』は砂糖以外の

ブドウ糖や果糖、乳糖が含まれるていることもあります。

原材料に砂糖が含まれていても、

加工する段階で使用しなければ表示しても良いという事。

 

う~~ん!紛らわしいですね~!

で、『低脂肪』と『低カロリー』ですが、、、

● 『低脂肪』は脂質が食品100g当たり3g以下。

● 『低カロリー』は食品100g当たり40kcal以下。

 

低脂肪だとしても、タンパク質や糖分が入っていれば高カロリーに、、、

必ずしも『低脂肪=低カロリー』ではありません。

このような言葉で安心して、つい食べ過ぎたりしないようにしてくださいね!

( バランス整体えびな ) 2018年05月12日

このページのトップへ