HOME > 院長ブログ > ダイエットになぜ?和食?

院長ブログ

ダイエットになぜ?和食?

和食では、キノコ類や芋類は脇役になりがちですが、

皆様もご存知のように、低カロリーでありながら、ビタミンも豊富で、

野菜に負けない位、ダイエットの味方になってくれる食材です。

 

芋類は炭水化物になりますが、サツマイモ、里芋、山芋など

カリウムやビタミンC、βカロチン、食物繊維が豊富ですし、

食材として取り入れるのは問題ありません。

 

そして、ワカメや昆布、ひじきなど海藻類や胡麻やクルミなどの種子類ですが、

マグネシウムやカルシウム、亜鉛、鉄などのミネラルを

バランス良く含み、ビタミンも豊富に含まれています。

種子類は良質な脂質も摂取できるので、必ず取り入れたい食品です。

但し、香ばしくあとを引くお味なので、あくまで食べ過ぎは注意です!

 

このように材料をみてみると、

和食で使われる事が多い食品には

栄養素が豊富に含まれていることから、

満腹中枢神経も活性化されやすく

満腹感を感じやすいので、

食べ過ぎを抑えることができます。

 

ダイエットを心がけていらっしゃる皆様も食事を摂る時は、

野菜・海藻・キノコ・豆類を食べるようにしましょう!

( バランス整体えびな ) 2018年02月22日

このページのトップへ