HOME > 院長ブログ > 運動しても体脂肪が燃えない皮肉、、、

院長ブログ

運動しても体脂肪が燃えない皮肉、、、

運動で体内のエネルギーを消費出来ることに間違いはありませんが、

体脂肪というものは備蓄型エネルギーですから、すぐには使われないように出来ています。

 

強度の高い運動を行ったり、短期的に痩せようと頑張って運動をしても、

その時に消費されているエネルギーのほとんどは即効型エネルギーのいわゆる『糖質』です。

そして、糖質が使われると私たちの体はそれを早く元の状態に戻そうとします。

つまり、運動をすることにより糖質が欲しくなるのです。

パンや麺類などの小麦粉製品、お菓子やケーキなどなど・・・。

こういったものが運動後に無性に食べたくなった経験が一度はあると思います。

 

運動をメインで考えるダイエットは、こうした体本来の機能に逆らって行うダイエットなので、

強い精神力をお持ちの方や毎日規則正しい生活を欠かさず行える方を除き、

長期的には不向きなうえに、リバウンド率が高いダイエット法だということになります。

 

食べた分だけ動けばいいというダイエット法は、現実的にみてイバラの道ということです。

本当のダイエットはそんなにつらくありません。

食事を制限するのではなく、改善していくことがたいせつです。

甘いもの(糖質)を食べてしますと脂肪は燃えにくくなるという事、

なのでしっかり栄養素の高い食事を摂取するようにして

俗に言う甘いものは控えたほうが良い!ということです。

( バランス整体えびな ) 2017年04月26日

このページのトップへ