HOME > 院長ブログ

院長ブログ2016年9月アーカイブ

伊豆山神社と『パンのみみ』

昨日、晴れ間が出たので、

2ヶ月ぶりのプチツーに出かけました。

まずは、熱海にある『伊豆山神社』

熱海のパワースポットという事で

埼玉や東京ナンバーも多く来ていました!
KIMG1048.JPG

KIMG1055.JPG

KIMG1051.JPG

龍穴(りゅうけつ)がある神社ということで龍が現れるらしく、

仕事運、金運、そして恋愛運などにも効果がありそうです。

熱海の大楠で有名な『来宮神社』と関係があるようです。

その後、箱根の宮ノ下付近にある人気店。

パンのみみのグラタンパンが大好評!

ということで食べきれないと思いながらも頼んじゃいました!

KIMG1059.JPG

一斤程の食パンにシーフードのグラタンが中程まで入っていて

クリーミーでパンはフカフカでかなりのボリューミーでした!

テレビでも放送したそうで40分程待ちました!

カップルやご夫婦が多くいらっしゃいました。

その後は、仙石原のススキを見てきました!

KIMG1065.JPG

一面にススキの絨毯で見ごたえがありましたよ!

(バランス整体えびな) 2016年09月26日

『便秘』は冷えと並ぶ「万病のもと」・・・?

便秘は痔や腰痛の直接原因になるだけでなく、

体内のバランスを乱して精神面や神経系の病気を引き起こすこともあります。

便秘の正体は、「体内に残ってしまった未消化物や毒素のかたまり」

消化力が弱まってる人の多くは、体が冷えており、腸の働きもよくありません。

そのため、便が詰まり、なかなか改善されていかないのです。

人間の体はもともと、朝の時間に排泄したくなるよう脳がコントロールしています。

それが、朝の慌ただしさや、日頃のストレスなどで、その欲求を感じなくなり、

無意識に我慢してしまったりするようになってしまいます。

大切なのは、自然の生理欲求・機能を取り戻すこと。

便秘が続くひとは、朝の時間にトイレに座る習慣を作りましょう。

出ても出なくても毎日5分ほどトイレに座るよことが大切です。

さらに、起床時、食事時に白湯を飲むようにしましょう。

日中でも飲めると便秘以外にも効果を発揮します。

多くの場合は、1週間程で便通がよくなってきます。

~レモン塩白湯~

作り方
水を沸かして沸騰させたら、中火でフツフツする火加減で10~15分程沸かします。

コップに注ぎ、レモン汁数滴と塩ひとつまみ入れて完成!

塩とレモンが体の高めるので、便秘に効果大。

また美肌効果も期待できるので、スキンケアにもオススメ!!

(バランス整体えびな) 2016年09月16日

『冷え』をとれば、不調の9割は治る・・・?

「冷え」は万病のもとと言われますが、

実際に「体温が1度下がると、免疫力は数十%下がる」と言われています。

では、冷えはなぜ起こるのでしょうか。

主にその原因は、「食べ過ぎ」「冷たいものの飲みすぎ」「夜遅い食事」の3つです。

要するに、長年の食生活の乱れによって胃腸が弱っていることが原因です。

冷えをとるにはまず胃腸を温めることが大切です。

具体的には、
「スープなどの温かいものを飲む」
「半身浴をする」
「部屋を暖かくしておく」

といった温める対策をとりましょう。

なかでも、温かい白湯を飲むのは効果的。

白湯には体を内側から温め、未消化物を洗い流してくれる効果もあります。

また、食事のメニューとしては、温野菜、マグロやカツオなど赤身の魚を加熱したものが良いそうです。

~効果的な半身浴~

①お湯の温度はぬるめの40℃未満
②半身浴の前に上半身を濡らしたり、洗ったりしない
③イスなどに座って、お湯につかるのは、おへその辺りまでにする
④バスタブのフタを半分しめ、両手をフタの上に出す
⑤うっすらと汗をかく20分以内にお湯から出る

(バランス整体えびな) 2016年09月15日

これで老眼とお別れ!大切なのは『代謝』と『消化力』

「老眼」「聴力の衰え」などは、生理的な老化と片付けてしまいがちですが、

長年の疲労や乾燥、冷えが溜まって起こることも多くなっています。

体が冷えれば消化力も落ち、そこから代謝が落ち、

目や耳に十分なエネルギーが行き渡らなくなってしまいます。

症状の根本的な解決には、胃腸の力を強めてエネルギーを回復させることが不可欠です。

そこで見直すべきは、食生活です。

冷えて乾燥した体には良質な油を摂取し潤いを与え、

白湯を飲み、ショウガを使った料理などで、低下した消化力を回復させます。

そして、規則正しい食生活を心がけましょう。

「老眼まではいかなくとも、目の疲れやかすみがひどい。」

という場合は、脳が疲れています。

脳のえねるぎー源はブドウ糖なのですが、

これを効率的に補えるのが、『はちみつ』です。

非加熱のはちみつをティースプーン3杯ほど取れると、

脳も回復しやすくなります。

(バランス整体えびな) 2016年09月06日

このページのトップへ