HOME > 院長ブログ > 更年期の心の不調!

院長ブログ

更年期の心の不調!

更年期には、心の状態が不安定になり、

辛さを抱える方も少なくありません。

これは気のせいではなく、医学的に根拠のあること。

この時期には、脳内ホルモンの分泌のバランスも悪くなると考えられています。

不安や緊張、恐怖、集中力、幸福感などを司っているホルモンバランスが崩れることで、

イライラが増したり、やる気がなくなったり、

集中力がなくキレやすくなったり。

簡単に不安定に陥ります。

=感情の起伏が激しい=

他人や家族の言動にイラつき、

キレやすく感情のコントロールが出来ない。

かと思えば、わけもなく急に悲しくなったりもします。

=ストレスに弱い=

ストレスやプレッシャーに耐えられない。

以前は大丈夫だったのに、新しいことにも挑戦しにくい。

=やる気が起きない=

何につけても腰が重く、無気力。

何もしたくない自分に自信喪失。

=落ち込む=

些細なことで気落ちし、マイナス思考に。

過去の嫌なことも思い出してしまったりする。

● こんな方は、要注意!!

真面目で責任感の強い人ほど、症状が重くなる傾向があります。

きちんとしようとしたり、すべてを一人で背負ってしまったり。

このような方は、きちんとできない自分を許せない、

そして、追い込んでしまう・・・と

悪循環に陥ってしまいます。

また、オープンでない閉鎖的な性格の人も、

発散できる場が少ない為、

一人で抱え込んで悪化させてしまいがちです。

このような方は、何でも話せる目上の方(人生の先輩)に相談したり、

パートナーやご自分のお母様に相談するのも手ですね。

楽天家の友人を味方につけるのも良いですね!

ご自分にないものを盗んでみて下さい!happy01

( バランス整体えびな ) 2016年01月27日

このページのトップへ