HOME > 院長ブログ > 更年期の体の不調!

院長ブログ

更年期の体の不調!

更年期の不調は、急激な女性ホルモンの減少に、

身体が順応出来ないというアンバランスが大きな原因。

さらに、卵巣へホルモン分泌の指令を贈る脳の視床下部は、

自律神経のコントロールセンターのあるところ。

ホルモン分泌の指令が乱れる影響で自律神経まで乱れてしまい、

のぼせ・発汗・耳鳴り・めまいなどの自立神経失調症状が起こります。

    = 頭痛 =

ズキズキした痛みや鈍痛・偏頭痛などが主。

このくらいなら、首や肩のコリをほぐすことで、改善されることも。

割れるように激しい痛みは別の病気の可能性大なので、すぐに受診を。

  = ほてり・のぼせ =

突然体の一部が熱くなったり、発汗を伴う場合も多い。

足は冷えてるのに、首は熱いなど、

バラバラな症状も出るので、とても不快。

   = めまい・耳鳴り =

時々起こるたちくらみから、

ふわふわと浮遊感を伴うめまいなど、

耳鳴りの他、聞こえにくい症状も。

     = 不眠 =

なかなか、寝付けない、眠りが浅く起きてしまうといった症状。

朝早く起きてしまう早朝覚醒に悩まされることも。

そのほか、関節痛や肩こり・腰痛なども

筋肉の衰えによって症状が出ます。

このような症状が出ましたら、内蔵を温めることがとても大切。

当院では、絶対的にゲルマニウム温浴をオススメします!

それに加え、必要なのは栄養を摂ることと

良質な水分を2リットル前後飲むことをオススメします!

( バランス整体えびな ) 2016年01月26日

このページのトップへ